福岡県農林業総合試験場 八女分場

八女伝統本玉露について

福岡県八女市および周辺市町の中山間地域において生産されており、味と品質を最高に保つため今でも手間を惜しまずに伝統的な生産方法を守り続け製造されている玉露です。
茶園に設置した稲わらで太陽の光を調整する「覆下栽培」を行い、茶葉の育成具合により摘採期を的確に見極め、一年に一度丁寧に手摘みした茶葉を高い技術で製造しています。玉露の被覆は化学繊維で織ったネットが多くなっていますが、八女伝統本玉露は昔ながらの稲わらで被覆を行うのが特徴です。全国茶品評会では、5年連続で農林水産大臣賞を、また18年連続で産地賞を獲得しています。


 「経験や勘に頼るこれまでのやり方では、古くから伝わってきた玉露づくりの技術が途絶えてしまう」。将来の茶栽培に危機感を募らせていた八女茶生産者と、茶葉の栽培・加工などの試験研究を行う福岡県農林業総合試験場八女分場は昨年10月、カメラや温度センサーなどのIT機器を活用した茶葉の栽培技術の確立を目的に「八女伝統本玉露IoTシステム開発・実証事業」をスタートした。
地域ブランド「八女伝統本玉露」の一層の発展を目指し、効率的で客観性のある茶生産技術の確立を目指そうという試みだ。
実験を重ねるに従い、これまで伝えられてきた茶葉の栽培技術の一端がデータ化され、高品質な茶葉を効率的に生産できる仕組みが次第に明らかになりつつあるという。IoT導入により茶栽培の今後がどう変わっていくのか、高齢化、後継者不足への対応は。IoTによる実証事業を主導する福岡県農林業総合試験場の角重和浩八女分場長に話を聞いた。

導入前の課題

今までのような経験則を主体とした技術の伝承では、技術を習得するまでにとても時間がかかります。
生産者の高齢化や深刻な後継者不足の問題を抱える地元の実情を考えると、このままでは優れた伝統技術も十分に伝えることができなくなると不安を感じていました。
それだけにデータを基にしたマニュアル化された栽培技術の確立が急務でした。経験の浅い若手の生産者にも分かりやすく、短期間で効率的に技術を伝える方法として、IoTを活用した栽培法は、八女の茶栽培の現状を打開するにはぴったりの方法だと思います。 もちろんIoTの仕組みを使わなくても、栽培技術の改善、品質向上は実現できたかもしれません。ただ実現までには100年では足りないかもしれませんね。もちろんそうしている間にどんどん伝統技術はなくなっているでしょうけど。

導入後の効果

玉露栽培で大切な、日光を遮る被覆作業で新たな発見がありました。従来伝えられていた被覆時間より、名人と言われる人たちの被覆時間が長かったことが分かったんです。品質向上に向けて、常に改善をされているということを改めて実感しました。また隣合う茶園であっても夜の気温や、土壌の温度に差が生じている場合があり、こうした環境の違いが茶葉の品質に少なからず影響を与えているのではとの新たな気付きも得ています。これまでなんとなくの感覚で感じていたことがはっきりとデータで示されることの意味はとても大きいですね。データの持つ説得力の強さを実感しています。

「八女伝統本玉露IoTシステム開発・実証事業」運用の概要

福岡県農林業総合試験場八女分場(所在地:福岡県八女市黒木町本分3266-1)および八女市星野村の茶園に設置したIoTセンサーから、インターネット経由で「気象環境・生体情報データ」を連続的に取得し、高品質玉露生産者の遮光技術等の好適な栽培管理モデルを構築するため以下の内容で栽培環境データの収集・解析を実施します。

また、今後は蓄積されたデータをAIと連携させることで、適切な遮光時期の予測や土壌変化の予測など、様々な効果が期待できると考えております。当社では、生産者の未来につながるIoTそしてAIの開発を進めてまいります。

1.データの⾃動収集

茶園に設置したIoTセンサーからインターネット経由で気温・相対湿度や照度、新芽の生育長と葉色(画像)・地温・土壌水分のデータを連続的に取得

2.データの可視化

収集した気象環境・ 生体等の情報データの現在値や簡易な集計結果をパソコンやスマートフォンに表示

3.栽培システム

栽培管理に役⽴つ情報をモバイル端末等に提⽰できる栽培⽀援システムの開発、および 6 つの農家の栽培データを開⽰することにより、栽培⽅法などの情報交換が可能


どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

メディア掲載

ウイングアーク1st株式会社様が運営するウェブメディア「データのじかん」に弊社が運用サポートを行なっている「八女伝統本玉露IoTシステム開発・実証事業」の実証事業を主導する福岡県農林業総合試験場 八女分場様の記事が掲載されました。

日本最高峰の玉露『八女伝統本玉露』にIoTを導入! グローバル展開を視野に入れた、具体的施策と効果とは?
URL
はこちらhttps://data.wingarc.com/iot_yamecha-20561


ページの先頭へ