NEWS

2019.09.03

IoTで支援した「東海大学熊本ソーラーカーチーム」がWGC2019でクラス優勝!

IoTで支援した「東海大学熊本ソーラーカーチーム」がWGC2019でクラス優勝!

 株式会社システムフォレスト(社長:富山孝治、本社:熊本県人吉市、以下システムフォレスト)は学校法人東海大学 熊本キャンパスの基盤工学部の学生が中心となって活動する東海大学チャレンジセンター・メカトロマイスターのソーラーカーチームを昨年に引き続きIoTで支援いたしました。

同チームは、秋田県大潟村・ソーラースポーツラインで8月7日(水)から10日(土)までに開催された「2019ワールド・グリーン・チャレンジ」(WGC)に出場され、ソーラーカーアドベンチャークラスで優勝(総合2位)を獲得されました。

システムフォレストは、昨年導入させていただいた「ソーラー発電 • モータ消費 • バッテリ放電をリアルタイムに可視化するシステム」に加え、遠隔からトラブルを把握や指示を出ししやすくなるよう、「車速や位置情報の計測機能、そして遠隔からドライバーとのコミュニケーションをとるためのシステム」の提供をいたしました。

東海大学熊本校基盤工学部 清田英夫教授よりコメントをいただきました
今回も株式会社システムフォレスト様のご支援のもと、IoTxクラウド技術を活用したエネルギーマネージメントシステムをアップデートして今大会のレースに臨みました。レース中の様々なデータをリアルタイムで可視化、分析することで、天候に左右されない安定したレース運びができ、クラス優勝、総合2位という成績につながりました。
また、IoTボタンによるコミュニケーションシステムはマシンとピットとの連携をサポートし、ドライバーが力を発揮することができました。

東海大学 熊本キャンパスの基盤工学部生が中心となって活動する
東海大学チャレンジセンター・メカトロマイスターのソーラーカーチーム 「Tokai Nextage」(東海ネクステージ)
 

システムフォレストは今後も引き続き、IoTを通じて同チームの支援を行なってまいります。

ページの先頭へ