NEWS

2021.04.01

株式会社レッジと協業を開始 A I・IoTを活用し地方企業のDXを推進

株式会社レッジと協業を開始 A I・IoTを活用し地方企業のDXを推進

 「お客様の成功とその先にある感動を創造します」を事業ミッションとして九州・沖縄地方を中心にクラウドの力を活用した地方創生に長きにわたって取り組んでいる株式会社システムフォレスト(本社:熊本県人吉市、代表取締役:富山孝治、以下システムフォレスト)は、株式会社レッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:橋本和樹、以下レッジ)と2021年4月1日より協業を開始しました。

協業の背景

少子高齢化に伴い労働人口減少が続く中、地方においては減少の傾向がより顕著です。これまでも、東京一極集中にによる地方での雇用の減少、それに伴う地域経済の悪化などの問題は指摘されていました。加えて新型コロナウイルスの感染拡大によって、観光業が大きな雇用を生み出していた地域も致命的なダメージを受けており、データやAI、IoTなどを活用したDXによる生産性向上が急務となっています。

そこでこの度、地方企業のDXを推進するべく、「AIをはじめとする最先端テクノロジーを社会になめらかに浸透させる」をミッションに掲げ、国内最大級のAI特化型ウェブメディア「Ledge.ai」を運営するほか、AI開発・コンサルティングを行うレッジとの協業に至りました。

協業に関する各社のコメント

株式会社システムフォレスト
代表取締役 富山孝治
私たちは「お客様の成功とその先にある感動を創造します」を事業ミッションとして九州・沖縄地方を中心にクラウドの力を活用した地域創生に長きにわたって取り組んでおります。
IoT/AIを活用したソリューションビジネス分野において、事業のアップデートをAI/データ分析で強力に推進していく数多くの実績を有し、A I特化型ウェブメディアを通して多岐にわたる情報を発信し続ける、この度のレッジとの協業において、九州地方を中心としたDX推進を加速させ、弊社が得意とするデバイスやクラウドサービスの選定から、導入、運用支援までをワンストップでのサービス展開のエンパワーとなるよう、協同開発やサービスの新たな展開を目指して参ります。

株式会社レッジ
執行役員・Business hub Unit長 小瀧 健太
レッジでは、これまでメディアとコンサルティングの事業を運営している中で、リテラシーやスキルの都市部集中という課題を感じておりました。この度の提携においてIoTや九州地方でのDX推進に強みを持つシステムフォレストと、弊社の情報発信力やAIに関するナレッジにシナジーを作り出し、共同開発及びサービス展開を目指していく所存です。
 

今後の展開

既に九州エリアを中心に推進しているIoT/AIを活用したビジネス展開において、まずはD X推進を後押しする共同でのインテグレーション(実証実験レベル)からスタートし、将来的には2社協同によるIoTを活用したデータの収集や分析、A I活用までの流れにおける新事業の展開、ならびにサービスの企画などに取り組んでまいります。

会社概要

会社名:株式会社システムフォレスト
代表取締役:富山孝治
コーポレートサイト:https://www.systemforest.com/  IoTサイト:https://www.iot.systemforest.com/
事業内容:
■クラウドソリューション事業
各クラウドサービスを“つなぎ”、業績向上や生産性向上のためのコンサルティングを行います。クラウドサービスの導入支援から運用管理・システム開発を行います。システムとデータを“つなぎ”、リアルタイム経営の実現を支援します。
■IoT/AI ソリューション事業
IoT であらゆるものを“つなぎ” 、AI を活用して課題の解決を支援します。機械学習などを活用することで高度なデータ分析・予測を支援します。人手不足で悩む業界の生産性を飛躍的に改善します。

会社名:株式会社レッジ
コーポレートサイト:https://ledge.co.jp/
代表取締役 :橋本和樹
事業内容:
AI開発・データ活用支援などのコンサルティング事業
AI特化型ウェブメディア「Ledge.ai(https://ledge.ai/)」の運営事業
AIに関する各種オフライン/オンラインイベントの開催・運営事業
AI活用事例の検索プラットフォーム「e.g.(https://ledge-eg.com/)」の運営事業

ページの先頭へ